キャッシングの注意点

スピーディにお金を調達できるのがキャッシングのいいところです。しかし手軽である分、注意すべき点もあります。ATMから引き出すことは簡単ですが、借りたお金であることは常に念頭に置いておきましょう。

返済計画キャッシングは、担保も保証人も必要ありません。例をあげると、キャッシングサービスをしているNOLOANでも、担保を必要とするものがありません。その分金融会社のリスクは高くなりますので、利子は通常の銀行融資より割高であることがほとんどです。大半のキャッシング会社では、キャッシングに対する利子を17%程度に設定しており、利子を膨らませないためには、早期での返済が大切です。

担保の主なものとして、物的担保(建物や土地の権利などの不動産担保、株券などの債券担保)と人的担保(保証人などが債務者に代わって支払うもの)があります。

ノーローンでは、担保を必要とする金融商品は存在しません。

キャッシングをする際には、必ず返済計画もしっかり立てておきましょう。キャッシングは、銀行融資とは違い、ATMからいつでも返済をすることができます。可能であれば、借りてから早い時期に一括返済してしまうのが一番です。それができない場合でも、毎月の返済額に金額を上乗せして、繰り上げ返済ができるようにするとよいでしょう。またキャッシングは、金融会社によって返済日が異なります。返済のために別の会社で借り入れをするなど、多重債務に陥らないような資金計画を立てることも重要です。うまく付き合えば便利なキャッシングですが、注意すべき点も心得て上手に利用しましょう。

キャッシングの利点

従来では、個人がする借り入れといえば、家や車のローン、教育ローンを指すことがほとんどでした。しかしそれらの銀行融資には、審査から実際にお金を借りられるまで、かなりの時間がかかります。

融資それに対してキャッシングは、個人に対してもスピーディに審査を行い、ほとんどの金融機関が即日、もしくは申し込みの翌日には融資を行うのが特徴です。ATMからそのまま引き出すことができたり、翌日口座に振り込まれたりと、お金を手にするまでの時間はほとんどありません。必要な時にすぐに借りられることが、キャッシングの一番のメリットといえるでしょう。

また、返済も素早く行うことができます。借りた翌日には返すことができるので、短期間の資金の融通には大変便利です。早く返せば返すほど、利子も圧縮できるので、返せる範囲内であれば経済的な負担もそれほどありません。

銀行融資と違い、担保や保証人も必要ありません。個人の収入に応じて融資枠はありますが、その範囲内であれば無保証でお金を融通することができます。そのため、突然資金が必要になったときも、誰にも知られずお金を借りることができます。スピーディであること、担保が不要であること、個人の判断で借り入れができることが、キャッシングの主なメリットです。

キャッシングとは

給料日まであと一万円どうしても足りない。そんなときに便利なのがキャッシングです。キャッシングとは、カードを使って借り入れを行うことで、銀行やコンビニのATMで簡単に行うことができます。目的を問われることもありませんので、生活費に充てることも、趣味に使うことも、借りた人の自由になります。

キャッシングキャッシングに利用できるのは、銀行や信用金庫、信販会社や消費者金融が発行するカードです。この中で、キャッシング専用で、すぐに使うことができるのは消費者金融のカードです。しかし銀行や消費者金融でこのカードを発行するためには、口座開設とは別にカードローンの申し込みを別途する必要があります。

また、クレジットカードのキャッシング枠を利用する際にも、買い物枠とは別にローンの枠を申し込まなくてはいけません。キャッシングを利用した際には、買い物枠の金額が減るカードもありますので、その点注意しておきましょう。

キャッシングカードで借りたお金の返済は、もともとは一括返済であることがほとんどでした。しかし最近ではリボ払いに対応するカードも見られ、余裕をもって返済することができるようになっています。反面、多重債務にも陥る可能性があるので、返済に関してはあらかじめ計画を立ててキャッシングを行いましょう。

しかし、一時的に足りないお金を用立てるには、キャッシングはとても便利なサービスです。どのような点がメリットであるのか、また、注意すべき点は何なのか、このサイトで詳しくご説明いたします。