キャッシングの注意点

スピーディにお金を調達できるのがキャッシングのいいところです。しかし手軽である分、注意すべき点もあります。ATMから引き出すことは簡単ですが、借りたお金であることは常に念頭に置いておきましょう。

返済計画キャッシングは、担保も保証人も必要ありません。例をあげると、キャッシングサービスをしているNOLOANでも、担保を必要とするものがありません。その分金融会社のリスクは高くなりますので、利子は通常の銀行融資より割高であることがほとんどです。大半のキャッシング会社では、キャッシングに対する利子を17%程度に設定しており、利子を膨らませないためには、早期での返済が大切です。

担保の主なものとして、物的担保(建物や土地の権利などの不動産担保、株券などの債券担保)と人的担保(保証人などが債務者に代わって支払うもの)があります。

ノーローンでは、担保を必要とする金融商品は存在しません。

キャッシングをする際には、必ず返済計画もしっかり立てておきましょう。キャッシングは、銀行融資とは違い、ATMからいつでも返済をすることができます。可能であれば、借りてから早い時期に一括返済してしまうのが一番です。それができない場合でも、毎月の返済額に金額を上乗せして、繰り上げ返済ができるようにするとよいでしょう。またキャッシングは、金融会社によって返済日が異なります。返済のために別の会社で借り入れをするなど、多重債務に陥らないような資金計画を立てることも重要です。うまく付き合えば便利なキャッシングですが、注意すべき点も心得て上手に利用しましょう。